めたぶ

表ブログの裏側で書きなぐる裏ブログです

古いブクマを読み返す

はてなのブックマークは割と初期の頃にその存在を認識していたし、はてなの日記も使ったことはあったのだけれど、自分ではてなブックマークを使い始めたのは割と最近、ブログを使いはじめるちょっと前あたりからだった。ブログを始める助走みたいな感じで。

で、3年余りも使っていると、そこそこにブックマークも溜まってくる。去年の暮に「ああ、1万に到達するんだなあ」と思った。ちょうどその頃、増田かどっかで「古いブクマって、読み返すの?」みたいな話があった。そういうこともあって、「そうか、1万かあ」と思って最初の頃のを振り返ってみると、それはそれなりに、もういっぺん見返していいものもある。ただ、なかにはどうでもいいものもあるし、リンク先がもう消滅していて意味のわからなくなっているものもある。そういうのは置いておいても仕方ないので削除して、トップページに戻ると、1万までもう少し余裕ができている。

それ以来、ブックマーク数が1万に近づくたびに、古いのを読み返すようになった。100個ずつぐらいざっと見返してみて、「ああ、こういうのもあったなあ」と思いながら、不要なものを整理する。数日おきにそういうのを繰り返している。別に1万を超えないように調整しているつもりもないのだけれど、結果的にそうなっている。そうすることで、古い自分に向き合える。

それもまたおもしろい。

ブログをもうひとつつくった

はてなブログは無料で3つまでブログがつくれる。表のブログと、裏側のこのブログと、もうひとつは実は以前のはてなダイアリーから移転してきたものが占めていた。これは、ちょっと失敗作で、力を入れていた割には全然見当違いだったので、公開をやめていた。公開をやめていたけれど、残していた。

それを削除して、去年の年末に新しいブログをつくった。まだだれにも見つかっていないようで、アクセスはゼロ。割とプライベートな内容なので、仮に見つかってもそれほどアクセスは伸びないだろうと思う。しばらくは告知もせずに、続けてみようと思う。

古いブクマの被スター率

ブログをはじめる少し前ぐらいからはてなのブックマークを利用している。3年ちょっと前からということになるか。そのブックマークが1万に近くなったので、「どんなことをブックマークしてきたのかなあ」と思って、古いのを見ていた。いろいろ興味深いのもあったのだが、それはそれとして、スターが着いているのが多いのに気がついた。

最近でもスターはよくもらうのだが、傾向としてはまったくスターがつかないブコメが多くて、たまに数十からときには数百のスターがつく。だから平均すればたぶん最近のスター獲得数のほうが多い。けれど、古いのを見ていると、1個とか2個、せいぜい十数個の星しかついてないけれど、割と満遍なく黄色いのがついている。

そっちのほうが楽しかったなあという気もする。コメントが偏ってきてるのかなあ。

「丸」はなかった

ブコメで昔の戦争雑誌のことに触れたら割と反応があったので、実際にどんな記事だったのか、実例をあげてブログに書こうと思った。実家に行くついでがあったので、古い雑誌を探したのだが、見つからなかった。

おそらく、30年ほど前の改築のときに処分したのだろう。処分した記憶がないでもない。その際、同じ戦争関連でも、単行本の類は捨てなかった。そのほうが文献としてしっかりしているという非常にまっとうな理由だったのだが、そういうのにはあまりに程度の低い情報は載らない。

あの雑誌には、現代の視点から見れば相当に問題のある情報がけっこう載っていた。捨ててしまったのは、いまとなっては惜しいな。捨てたときには黒歴史の処分みたいな気持ちもあったように思うのだけれど。

5%の謎

表ブログのアクセス数が夜中の間に少しだけだけどいつもより伸びている。なんだろうなと思ってアクセス解析のところを見ていたが、とくにSNSで言及されたとかいった様子もない。ただ、アクセス元のパーセントの合計を出してみたら95%。もちろんこれが100%にならないのはいつものことなのだけれど、5%は多いし、たぶんこれが夜中のアクセス数の原因。

さて、この5%、いったいどこなんだ?

現実逃避

先月からやたらと表ブログに勤しんでるが、結局これって、現実逃避なんだと思う。忙しかったときに、いろいろと「次やるべきこと」の企画を立てた。時間ができたらぜひ取り組みたいことを積み上げた。そして、時間ができて、そこから逃げている。弱いなあ。

こんどはTwitter

前回のサージから半月もたってないのに前回を上回るサージ。1日で1万を越えたのは、ここのブログでは初めてだろう(以前に別ブログで何度かあったはず)。今回の流入元はTwitter

たぶん教育クラスタの琴線に触れたな。ああ怖!

雑なブコメを書いて後悔している

昨日書いたブコメにやたら星がついているのだが、これがどうにもスッキリしない。星がついてモヤるのは、奇妙なものだ。これ。

山本太郎から自民党を支持してきた皆様へ - 山本太郎|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

根本的な部分ではこの人の考え方は私と異なるのだけれど、とりあえずは頑張ってほしい。正しいことの比率は、少なくともどこかの巨大政党よりは遥かに高いのだから。

2019/06/30 20:43

b.hatena.ne.jp

なんでスッキリしないかというと、たぶん、ここに星を付けた人の大部分の思想と私の思想とは私とこの政治家との間の距離以上に離れているだろうと思うから。「自分とは異なる」ということで共感をよんでも、「どう異なるか」ということでずいぶんちがう。それがなんとも気持ちよくない。

 

民主主義とはそういうものかもしれない。いろいろな思惑でいろいろな人が一票を投じるが、一票にはその思想の差は書いていない。だから、「裏切られた」という感覚が生まれるんだろうなあ。

民主主義は、たしかに残念なシステムだ。ただ、「いままで試されたどのシステムよりも多少はマシ」であるだけで。

思わず今月はたくさん書いた

表ブログの方の話なのだけど、今月は8本も書いてしまった。ここのところのペースだと異常に多い。別段何があったわけではないけれど、やっぱりそれだけ仕事が暇なんだなと思う。翻訳が3月で終わって、税金とか書類仕事が続いてだいぶバテてたけど、ようやく回復してきたということか。

この季節には収入が減るからそっちも心配になってくるし、さて、どうするかなあ。やりたいこと、やらねばならないことはまだまだたくさんあるんだが。

突然のサージは終わった

いや、びっくりしたが、スマホのアプリ経由の流入が平常の2桁ぐらい上の分量で3日ぐらいかけてキレイな山になった。これまでもサージは何度かあったけど、だいたいは平常の10〜30倍程度までで、100倍近いのはやっぱり初めてだったように思う。

で、こういうふうに「バズったら人気ブログの仲間入り」とならないのは、過去のサージからもいえることだし、今回も早くも平常運転に戻りつつある。昔なら割とこういうバズり方をすると読者がついたんだが、いまはブログの時代じゃないんだなあということを痛感する。SNSで流れてナンボなんだなあ。

Smartnewsおそろし

表ブログのほうがアクセス大変になってる。ここまで集中したのは久しぶりというか、ひょっとしたら初めてかもしれない。アクセス元がスマホのアプリらしいSmartnewsで埋め尽くされてる。そういう時代なんだなあ。

久々に1000アクセス

表ブログ、久々にホッテントリ入りしたせいで、アクセスが増えた。ブログ始めたときに同じようなことがあって、「案外はてブもチョロいな」と思ったのだけど、そういうのは半年に1回でもあればいいほうだということがわかって、あんまり追っかけないようになった。それが、短時間で書きなぐったどうでもいいエントリでこのアクセス数、何が当たるかわからないもんだわ。